最新情報

主題歌に いきものがかり 書き下ろしの新曲「ええじゃないか」決定!

2021年03月29日

この度、本作の主題歌に、いきものがかり 書き下ろしの新曲「ええじゃないか」が決定いたしました!

本作からの猛烈ラブコールオファーに受けていただき、水野良樹さんが詞曲を書き下ろし、編曲を近藤隆史さん、⽥中ユウスケさんが担当した「ええじゃないか」。アッパーな曲調の中に本作の世界観にもある“和”の雰囲気が交わった、今にも踊りだしたくなるナンバーです!

そして、なんとその主題歌の一部を使用したスペシャル特報映像も完成!3月31日発売のいきものがかりNewアルバム「WHO?」のリリース前に先駆け、どこよりも早く本楽曲を楽しむことができます。是非、本作の映像と共にお楽しください!

主題歌「ええじゃないか」は、4月10日(土)実施のアルバム購入者限定配信ライブ「THE”特典”LIVE」にて初パフォーマンス予定! ぜひこのチャンスを見逃さないように、Newアルバム「WHO?」をいち早くチェックください。

▼詳細はこちら!
いきものがかり オフィシャルHP
いきものがかり 最新アルバム「WHO?」の商品情報

妖怪オールスターズ大集結の特報&ビジュアル完成!

2021年03月23日

かつてないスケールで展開される本作は、主人公のケイを演じる寺田を筆頭に、日本を代表する超豪華キャスト陣がまさかの妖怪役を演じることでも話題沸騰中!そんな本作の特報映像&ポスタービジュアルが完成!

さらに本オフィシャルサイトもリニューアルアップしました!今、妖怪ワールドの扉が開かれる─。

超豪華キャスト・スタッフ、日本の妖怪、そして世界のモンスターが集結する感動の超ド派手ファンタジーエンターテインメントを、是非お楽しみに!

本作ではレアな人間役!北村一輝、松嶋菜々子、柄本明、猪股怜生と超豪華<人間キャスト>が解禁!

2021年03月23日

さらに新たに、本作では貴重な(!?)人間キャラを演じる面々の情報を解禁しました!北村一輝、松嶋菜々子、柄本明、そして注目の子役・猪股怜生と妖怪だけじゃなく人間キャストも超豪華!

北村一輝

寺田演じるケイの先祖にあたる伝説の妖怪ハンター・渡辺綱(わたなべのつな)役には、北村一輝

松嶋菜々子

看護師として働きながら主人公ケイとその弟ダイを優しく見守る母親・渡辺礼香役には松嶋菜々子

柄本明

突如現れた妖怪獣と最初に遭遇することとなる老人役には、柄本明

猪股怜生

そして、ケイの弟で幼く無邪気な少年ながら、やがてケイと共に“宿命の兄弟”として戦いに巻き込まれていく・渡辺ダイ役には、注目子役・猪股怜生(いのまたれい)。 ベテラン俳優とフレッシュな子役俳優、超大作にふさわしいバラエティに富んだ役者陣が令和の「妖怪大戦争」に華を添えます! 是非ご注目ください。

前作にも出演の“妖怪”キャスト陣解禁!?岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、荒俣宏出演情報!

2021年02月22日

この度、前作『妖怪大戦争』(05)にも出演した“妖怪”キャスト陣の続投が明らかになりました!

岡村隆史が演じるのは、妖怪・小豆(あずき)洗い。物語の重要な局面に必ず登場するも、特に何の役に立つわけでもなく、ひたすら風呂桶に入った小豆を水洗いしているだけ。穏やかな時はゆっくりと、興奮した時は高速で小豆を洗うのが特徴です。

遠藤憲一が演じるのは、妖怪・夜道怪(やどうかい)。放浪する僧の姿をした、子供を連れ去ると言われる妖怪で、強面でぶっきらぼうだが実は優しく、キメ台詞を言おうとすると必ず最後にせき込んでしまい、結局何が言いたかったのかがわからない…というなかなかクセの強い妖怪です。

石橋蓮司が演じるのは、妖怪・大首(おおくび)。妖怪の世界に迷い込んだケイの前に現れ、一吹きでケイを吹っ飛ばしてしまう、その名の通り巨大な生首の姿をした妖怪です。

また、本作で角川歴彦と共に製作総指揮を務める荒俣宏が演じるのは、世界妖怪会議“ヤミット”の議長にして、雨が降った時に現れる妖怪・雨降小僧(あめふりこぞう)。議長にも関わらず会議中はずっと眠っているというお茶目な妖怪です。

妖怪、鬼、モンスターも登場しかつてないスケールでお届けする『妖怪大戦争 ガーディアンズ』!引き続き続報にご注目ください!

解禁済みの妖怪はこちらでチェック
https://movies.kadokawa.co.jp/yokai/

鬼一族解禁!天邪鬼=赤楚衛二、茨木童子=SUMIREの出演情報解禁!

2021年02月15日

本作に登場する鬼一族のビジュアルが解禁され、赤楚衛二とSUMIREが鬼役で出演する事が明らかになりました!

赤楚衛二が演じるのは、主人公の兄(けい)が冒険の中で出会い、道中を共にする天邪鬼(あまのじゃく)。名前の通りあまのじゃくな性格で、いつも自分の考えとは真逆の回答をして兄を振り回すお茶目な妖怪です。

SUMIREが演じるのは、武闘派な鬼一族のリーダー・茨木童子(いばらきどうじ)。兄(けい)の先祖である伝説の妖怪ハンター・渡辺綱(わたなべのつな)に痛い目に合わされた過去があり、鬼一族の大群を従えて兄(けい)の命を狙います。

解禁済の妖怪ビジュアル及び紹介はこちら
https://movies.kadokawa.co.jp/yokai/

ぬらりひょんから雪女まで…。大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子 出演情報解禁!

2021年01月18日

主人公・兄(けい)が出会う気の良い妖怪たちのビジュアルと、それらを演じる豪華実力派キャストの面々の情報が解禁しました!

大森南朋が演じるのは、争いを好まず人間との共生を受け入れる妖怪たちのリーダー・ぬらりひょん。大きな頭が特徴で、妖怪たちのまとめ役ながら、ひょうきんでどこか頼りない面を持つ憎めない存在。

安藤サクラが演じるのは、赤ん坊を抱いた女の妖怪・姑獲鳥(うぶめ)。とても愛情深く、冒険の中で出会った兄(けい)の弟の身を誰よりも案じている妖怪。

大倉孝二が演じるのは、真っ赤な顔と毛が目を引く猿の妖怪・猩猩(しょうじょう)。なぜか和歌山弁を操り、ことあるごとにツッコミを入れる妖怪界きってのツッコミ役です。

三浦貴大が演じるのは、真っ白な顔に高い鼻が特長の天狗(てんぐ)。同じ種族の軍団を率いており、一見するとキレ者かと思いきや、実は抜けたところもあるというギャップが魅力的な妖怪です。

大島優子が演じるのは、見ているだけで凍えそうなビジュアルながら、ハートは熱い雪女(ゆきおんな)。常に虚ろな目で雪をまとい何を考えているかわからない彼女だが、雪女だけに“冷たい”男性が大好き。いつもつれない隠神刑部(いぬがみぎょうぶ/大沢たかお)に惚れ込んでいる…という一面も。

 

なお、公式サイトではトップページに新たに解禁になった妖怪キャラクターのビジュアルと共に紹介文もアップしました。
https://movies.kadokawa.co.jp/yokai/

今後も本作を盛り上げる妖怪たち(&豪華キャスト陣)が次々と解禁予定です。是非ご注目ください。

オリジナルグッズ付き限定デザインムビチケカード!ところざわサクラタウンで12月25日(金)から発売決定!

2020年12月23日

11月にオープンしたばかりのポップカルチャーの新名所にして、本作の舞台でもある所沢に位置する「ところざわサクラタウン」でのみ購入することができるオリジナルグッズ付き限定デザインムビチケカードが発売が決定しました!

“妖怪の聖地”でしか入手できないムビチケのデザインには、妖怪たちの百鬼夜行のなかで凛々しく佇む主人公・兄(けい)、狐面の女、隠神刑部の3人が描かれたビジュアルを採用。
さらに、こちらの限定デザインムビチケを購入すると、特典としてオリジナルマスクを特別に入手することができます。
マスクは、青を基調とした「狐面の女」タイプと、赤を基調とした「隠神刑部」タイプの2種類。それぞれの妖怪を表した、狐と狸がワンポイントになったデザインとなっております。
マスクは一般サイズとジュニアサイズを用意しており、ムビチケ購入時にタイプとサイズを選んで1種類入手することが可能です。
数量限定の激レア“妖怪グッズ”として、12月25日(金)より発売開始となります。

 

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』限定デザインムビチケカード

■発売日:12月25日(金)~
■販売:ところざわサクラタウン 角川武蔵野ミュージアム・ロックミュージアムショップにて販売中
■価格:一般2,100円(税込)、ジュニア1,400円(税込)

■特典:オリジナルマスク 「狐面の女」タイプ、「隠神刑部」タイプ 各一般サイズ、ジュニアサイズから1種類を選べます。
※本商品は数量限定のため、なくなり次第終了となります。

杉咲花、大沢たかお出演情報解禁!始動記者会見実施レポート

2020年11月12日

11月12日(木)、ところざわサクラタウンにて本作の始動記者会見を実施しました!
 
実際に映画で使用された迫力のセットが組まれたステージに、主人公・渡辺兄(わたなべけい)役の寺田心、監督の三池崇史、製作総指揮の荒俣宏角川歴彦が登壇いたしました!
 
さらには、さまざまな妖怪の登場する本作においてメ主人公を導くことになる2大妖怪役の新キャストも発表!妖怪たちとの大冒険に巻き込まれていく兄(けい)に厳しく接しつつも守ろうとする狐面の女杉咲花。そして日本妖怪界を支えるリーダーのひとりで狸の総師・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)大沢たかおが演じることが明らかになりました。
杉咲からはビデオメッセージ、そして大沢はステージ上の演出にて派手に登場するなど、二大妖怪を演じたお二人からのサプライズに会場は大いに湧きました!

 

さらに今回は、本作の新ビジュアルも解禁に!
刀を胸に抱く渡辺兄役の寺田、一際目を引く美しい狐面を身に着けた杉咲、特殊メイクで隠神刑部に扮した大沢の姿を中心に、おびただしい数の多種多様な妖怪たち。これはまさに妖怪百鬼夜行!
映画では、実力派豪華キャスト陣と、最先端CGと特殊メイクによって生まれた大勢の妖怪たちとの共演も、大きな見どころとなっています!
今後の続報にも是非ご注目ください。

妖怪をテーマとしたビッグ企画!“妖怪大ヤミット”開催決定!

2020年09月23日

“妖怪”をテーマに、イベント、映像企画などが一堂に会するビッグ企画“妖怪大ヤミット”の開催が決定いたしました。映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』に登場する、日本の妖怪や世界のモンスターが集まる“ヤミット”(=闇のサミット)になぞらえて命名された本企画。映画と共に是非お楽しみください。

 

【映像】 TVドラマ「大江戸もののけ物語」

https://www.nhk.jp/p/ts/Q7X4WX9912/
旗本の次男坊・新海一馬と謎の妖怪・天の邪鬼がバディを組み、江戸で起きるさまざまな問題を仲間の妖怪たちと力を合わせて解決する新感覚の妖怪ファンタジー時代劇。NHKBSプレミアムにて20年夏にOA、ひかりTV、dTVチャンネル®にて配信中。出演は岡田健史、本郷奏多ほか。

 

【イベント】 荒俣宏の妖怪伏魔殿2020 -YOKAI PANDEMONIUM

https://kadcul.com/event/21
妖怪研究の第一人者・荒俣宏氏監修による展覧会「荒俣宏の妖怪伏魔殿2020」を開催。本展では、日本各地に潜む見える妖怪から誰も見たことがない妖怪まで、妖怪のありようを端的に表した荒俣語録とともに紹介。新進気鋭のイラストレーターが描く妖怪絵図や、妖怪のイメージが具象化されたミイラなど、伏魔殿之門の向こうに広がる異世界空間が堪能できる。11/6~2/28、ところざわサクラタウンの角川武蔵野ミュージアムにて。10/20(火)よりチケット発売開始。

 

【イベント】 「みんなの妖怪絵 角川武蔵野妖怪絵コンクールより」

https://kadcul.com/event/27
2019年の「角川むさしの妖怪絵コンクール」で所沢市内の小学生を対象に公募された484点の作品群。 地元ならではの風土をとらえた妖怪や、日常生活の体験から生まれた妖怪など、ユニークな視点で創造された妖怪は、妖怪研究の第一人者、荒俣宏も大絶賛。荒俣自らすべての作品に目を通し、入賞作品を選定。2020年はこの入賞作品および参加作品を「荒俣宏の伏魔殿」の中で「みんなの妖怪絵  角川武蔵野妖怪絵コンクール2019」として展示。また、「角川武蔵野妖怪絵コンクール2020」を、今年は公募範囲を広げて開催予定。作品は11/6~2/28「荒俣宏の妖怪伏魔殿」の中で鑑賞できる。

 

【イベント】 朗読劇「風の聲~『妖怪大戦争 ガーディアンズ』外伝~」

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』のスピンオフストーリーを豪華声優陣、スタッフによる朗読劇で贈る。スーパーバイザーは荒俣宏、朗読劇プロデュースは水島裕が務める。2021年、ところざわサクラタウン・ジャパンパビリオン ホールAにて開催予定。

 

【映像】 妖怪映画祭2020

http://cinemakadokawa.jp/yokaizenyasai/
妖怪は日本映画の中でどのように描かれてきたか、いかに妖怪が時代を超えて日本映画のクリエイターたちを刺激してきたか、いかに観客がそれを受け入れてきたかを検証する映画祭企画。20年は妖怪伏魔殿2020開催期間中にところざわサクラタウンジャパンパビリオンにて『妖怪大戦争』(68)、『妖怪大戦争』(05)などの上映を予定。オンラインでの妖怪映画祭企画も進行中。21年には都内劇場にて、「妖怪映画祭2021」を開催予定。

 

【出版】 所沢ウォーカー

https://www.kadokawa.co.jp/product/322002001401/
クチコミ満載!「食べる」「買う」「遊ぶ」所沢市の全部入り本が完成!!
ところざわサクラタウン徹底紹介、地元民のクチコミで集めた!所沢の地元自慢ランキングBEST50、所沢市出身EXILE・NAOTOが巡るデリシャスカレー、コラボ麺も登場!ラーメン激戦区厳選10杯、人気漫画「青春鉄道」と西武鉄道の特別特急列車「ラビュー」の特別描き下ろし漫画を収録、絶品!所沢グルメ、ところざわサクラタウンの非売品手帳、西武鉄道のオリジナルグッズと交換できる引換券付き!(数量限定)。990円(税込)にて発売中。

主演:寺田心、監督:三池崇史からコメント到着!

2020年09月23日

本作の主演:寺田心と三池崇史監督からコメントが到着!

 

<寺田心 コメント>

僕が演じた兄(けい)は小学5年生「クラスにこんな子いたな」と思える等身大の男の子です。そんな兄(けい)がひょんなことから弟を、日本を、救う妖怪達との大冒険が始まります。僕はおばけとかそう言った類いのものが怖いので妖怪のあまりにリアルな作りと演技に撮影中はドキドキしっぱなしでした。また、初めてのアクションにも挑戦しています。いつも1人でする空想戦いごっこが生かされた様に思います(笑)。
前回の妖怪大戦争を観ていたので意識したのですが三池監督の丁寧なご指導もあり、僕は僕が感じた兄(けい)を演じられたと思います。皆さんも来年、ドキドキそしてハラハラな冒険を僕といっしょにしてみませんか?

 

<三池崇史監督 コメント>

今、こんな世の中だから、『アマビエ』さんが永い眠りから目覚めてみんなの前にその姿を現した。必然です。人間と妖怪はそういう関係です。
だから今、新たな『妖怪大戦争』が生まれるのも宿命なのです。
神木隆之介から寺田心にバトンが繋がれた。これもおそらく妖怪たちのご指名です。ならば観るのは人間の務め、ということですね。さあ、妖怪たちからのメッセージに耳を傾けよう。

追伸:え〜と、出しちゃいけないでっかいヤツも暴れちゃうのでよろしく!