映画『マッチング』公式サイト

NEWS

INFORMATION

メインビジュアル&場面写真 一挙解禁!

2023.12.20

狂気のストーカー・佐久間大介とアプリプログラマー・金子ノブアキスマートフォンに写る“表と裏”の二つの顔が土屋太鳳の背後に迫る!メインビジュアル&場面写真が初解禁!

ウェディングプランナーとして仕事は充実しながらも恋愛音痴な主人公・輪花(土屋太鳳)を前に、輪花とマッチングアプリで出会う“狂気のストーカー”永山吐夢(佐久間大介)と、マッチングアプリ運営会社のプログラマー・影山剛(金子ノブアキ)がスマートフォン画面上に“表と裏”の二つの顔が影のように写し出されている。「ラスト1秒、あなたの愛が反転する」という意味深なキャッチコピーと共に、愛という形が無いものを象徴するかのようなバグやノイズが混ざったようなデザインが、本作で描かれるマッチングアプリによる“出会い”からはじまる新感覚で先の読めない展開を予感させるビジュアルとなっている。

さらに、今回は場面写真も初解禁!一挙10点公開となった。解禁となった場面写真では、ウェディングプランナーとして働く輪花と同僚の尚美片山萌美)の姿や、輪花のマッチングアプリのプロフィール写真など、物語の入り口となるアプリに関わる場面から、アプリで出会った吐夢との水族館での初デートシーン、木の陰から薄気味悪い視線を送る吐夢や、輪花と父・唯島芳樹杉本哲太)が何かに警戒している姿など、次第に登場人物が不穏な空気に包まれていく様子が切り取られている。

輪花の周りで起こるアプリ婚カップルを狙った不可解な連続殺人事件を追う刑事の西山(真飛聖)堀井(後藤剛範)のバディや、携帯電話を片手に差し迫った表情の輪花、輪花を抱き寄せる影山や、謎に包まれた赤いワンピースを着た車椅子の美知子(片岡礼子)と隣に佇む節子(斉藤由貴)の姿も…。益々期待と謎が膨らむ場面写真となっている。

現代社会にも広く普及したマッチングアプリによる“出会い”から始まる恐怖、ジェットコースターのようなノンストップの展開。今の時代だからこそ引き込まれる設定とストーリーで贈る、映画『マッチング』にぜひご期待ください。

BACKNUMBER

2024.4.23

INFORMATION

4/28(日)「四つ葉の日」愛のクローバー記念上映 決定!

2024.4.2

INFORMATION

第5弾入場者プレゼント配布が決定!

2024.4.1

INFORMATION

パンフレットのオンライン販売が決定!